スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑美ちゃんのひな人形

3月3日はひな祭り、この日を笑美ちゃんはどんなに楽しみに待っていたでしょう
生まれながらに目の見えない笑美ちゃんが3歳のひな祭りの時に、
お母様はひな人形を一つ一つ笑美ちゃんの手に触れさせて、
「これが親王様よ。凛々しいお顔をなさっているわ」
「これが内親王様よ。優しいお顔をなさっているわ」
「そしてこれが3人官女」と言うように一つ一つのお人形を説明して下さいました。

笑美ちゃんは目は見えなくてもすべてのことを光の波動として感じることが出来るという
不思議な心の目を持っているので、優しいお雛様の様子がまるで見ているように感じられました。

笑美ちゃんが生まれる前に神さまと相談した時
「どんな体に生まれたいかな?」と神さまに聞かれて、
「本当に大切なものは目に見えないものだから、心の目で見られるように
それをみんなに教えてあげたいので目が見えない体に生まれたいです」と答えました。

「それは大変なことじゃよ。自分だけではない、ご両親にとっても大変なことなんじゃよ」
「ええ、分かっています。ですから私は一生懸命にどんな困難にも負けない父と母をみつけるつもりです。」
そう力強く答えました。

そうして願った通りに見つけた仲の良い本当に愛情のある両親の元に生まれて来たのです。
笑美ちゃんが生まれた時、二人はどんなに喜んだことでしょう。
笑美ちゃんはいつもニコニコして、声を出して笑うとその声を聴いた人はみんな嬉しくなり笑顔になりました。

あるひな祭りの夜、笑美ちゃんが寝ていると
「笑美ちゃん、起きてよ」とどこからか声が聞こえました。
笑美ちゃんが心の目であたりを見てみると、笑美ちゃんのベットの周りにひな人形がくるりと笑美ちゃんを囲んでいました。
声をかけたのは3人官女の梅の着物を着た梅子さんでした。
ベットの柵にちょこんと腰かけて足をぶらぶらしています。

「まあ、みんなどうしたの?」笑美ちゃんは驚いて聞きました。
「ほらもうすぐ私たちとお別れでしょ」と桜の着物を着た桜子さんが言いました。
「1年に一回しか会えないんだもの。また私たちは仕舞われてしまうのよ」
「お嫁に行けなくなるからさっさと仕舞いましょうと言われたりするわ」と松の着物を着た松子さんが言いました。
「松子ねえさんはもう行けそうもないけどね」と梅子さんが言いましたら
「また余計なこと言ってあんたは」と松子さんが怒ったように言いました。

そのやり取りを聞いて笑美ちゃんは声を出して笑ってしまいました。
「さあ笑美ちゃん、一緒に踊りましょう」そう言って、見たこともないような
それは美しい金色の羽織を笑美ちゃんに着せました。
そうしてベットの上で五人囃子の賑やかに鳴り響く音を受けてみんなで楽しく踊りました。

隣のベットで寝ていたお母様は何だか騒がしいので目を覚ましました。
いつものように笑美ちゃんの方を伺うと眩しい光が一面に広がってびっくりしてしまいました。
その瞬間お内裏様のお二人がお母様に魔法をかけて又眠らせてしまいました。

翌朝のことです。
「私はなんと美しい夢を観たのでしょう」と昨日の夜の出来事を夢だと思われたようで笑美ちゃんに話してくださいました。
それを聴きながら笑美ちゃんは心の中で楽しかった昨日のことを思い出していました。

「お母様、来年のお雛祭りの日にもまた美しい夢が見られるといいですね」と笑美ちゃんはニコニコしながら言いました。

おしまい


スポンサーサイト

野良猫トラと黒猫ルナ

トラが大好きな公園に大きな切り株があります。
この切り株の上で昼寝するのがトラの日課です。
いつものように気持ちよく寝ていると声が聞こえてきました。
「ちょっとそこどいてくれない」
寝ぼけ眼で声のする方に顔を向けると、ピンと真上にしっぽを立てた真っ黒い猫がツンと澄まして立っていました。
「ねえ、早くどいてよ」

「なんだよせっかく気持ちよく寝ていたのに」と不機嫌そうに答えたものの、
トラは一目でその黒猫に恋をしてしまいました。

「君の名前はなんていうの?」

「ルナ」

「僕はトラっていうんだよ」

「あっそう」冷たい素振りでルナは答えました。

「ところでこの切り株で君もお昼寝したいの?」

「何言ってるの?この切り株がどういうものか知らないの?」
ルナはあきれたように聞き返しました。

「えっ!どいうものかって?ただの切り株でしょ!」

「ああ、これだから地球の猫ってめんどくさいわ」

「説明するより見せてあげるから早くどいてよ」

トラは立ち上がってゆっくり切り株から降りました。
するとルナはサッと切り株の真ん中に上ってブツブツと何かいいながらくるりと回ると
パッと消えてしまいました。

「ひえ~、ルナが消えちゃった」
びっくりしてトラは腰を抜かしてしまいました。
するとパッとルナがまた切り株の真ん中に現れました。

「びっくりしたなぁ。いったいどうなっているの?」

「この切り株はテレポーテーションするための入り口なのよ」

「えっ!テレポーテーションって何?」
トラは初めて聞く言葉にとまどっていました。

「つまりね、行きたい所に一瞬で行けるどこでもドアみたいなものよ」

「ああそれならわかるよ。それでルナはどこに行ってきたの?」

「お月様よ。私の生まれたところ」

「お月様ならぼくもジョージと行ったことがあるよ」

「あらそうなの?とってもステキなところでしょ!」

「うん、また行ってみたいなぁ」

「それならじゅもんを教えてあげるわ」

「へえーさっきブツブツ何か言ってたのがじゅもんだね」

「いい?1回しか言わないから、忘れないでね」

「きりぶう、きりぶう、くるくるまわれ、くるくるまわって、おつきさまにとどけておくれ」

「わぁ、おもしろいじゅもんだね」
これでいつでもお月様に行けるのでトラは嬉しくってピョンピョン跳びはねました。

「ところでルナも野良猫なの?」

「いいえ、わたしは大好きなあすかちゃんの家で暮らしていたの」

「暮らしていたのってどいうこと?今は違うの?」

「うん。もうお月様に帰る日が来たの」

「みんなとお別れするのはとっても悲しいけれどそれが約束だから」

ルナはお月様からこの地球にやって来た猫でした。
それでテレパシーで「なまえはルナ(お月様)にして」とお願いして付けてもらいました。

今日は満月、約束の日です。
みんなに知らせず帰ることはとても悲しいけれど、いつでも思い出した時、そばにいるから。
そして姿は見えなくてもわたしを感じてくれるって分かるからだいじょうぶ。
ルナはそう信じています。

トラはきっとこれからちょこちょこ大好きなルナに会いにお月様に行くでしょう。
お月様を見上げたらルナのことを思い出してね!

「きりぶう、きりぶう、くるくるまわれ、くるくるまわって、おつきさまにとどけておくれ」


おしまい





そらのうた

空を見上げたら
白い雲が風に運ばれ
足早に通り過ぎてゆく


おーい雲さん
どこに行くの?


声をかけたけれど
つぎつぎと雲は
新しい顔になり去って行く


わたしは聞きたいことがあるの
地球を巡って来たならば
きっとたくさんの人を見て来たでしょう


その高い空から見えた
地上の世界には
わたしと同じことを
聞いた人がいたでしょう?


だけど雲は答えてくれず
どんどん流れて行った


そしたらお日様がわたしに言うの



何故移り変わる雲に聞くのか?
何故あの大きな空に聞かないのかと


そこでわたしは気が付いた
空を見てるつもりが
消えてしまうものしか見ていなかったことに


そしてわたしは空に聞いた



ほんとうのわたしを知っていますか?



わたしがこの地球に生まれた時
わたしは唯一わたしであった


だけど時間の流れと共に少しずつ
わたしはわたし以外の色に染まり


わたしのほんとうの色を見失ってしまったの
わたしはわたしの感じるハートを閉ざし


作られた嘘の思考でいっぱいになった
今こそほんとうのわたしを取り戻そう


空は唄うようにわたしに囁く
空の言葉を聴かせてくれた


ほんとうのわたしを思い出したからね
わたしは言の葉に変えて


そらのうたを伝えよう
神さまが持たせてくれた
創造の力を使う時が来た


わたしはわたしの役割を見つけたら
わたしを求める人も見つけた


そこにあった黄金の城の
扉は開かれた


目を見開いて
わたしはわたしの唄を歌いながら進もう


求める人には
与えられるということを


わたしは体験した


白い光射す天使

これまた別の瞑想中
白い光が差すのが見えて

じっと見ていたら
大きな大きな羽をもつ
白い服の人?天使?

じーっと祈り、座っていました。

顔を覗くと微笑んでる

きれいだなー
彼女でかいです。

あ、伸縮可能なのね。
地球大にも、宇宙大にも変幻自在で
大きな羽で抱きしめる

いいきもち。





じいさん登場

瞑想中

頭のポコっと大きな仙人が、
横向きで登場

ん?なんか用?

と聞いたら

お前が気がついただけじゃ

だって。

そうでした。
いつでもいるし
自分の一部で一側面を
みているだけだものね

仙人のじいさんは、
水仙?
白い花を杖の頭の方で
つんつんしています(笑)

つんつんすると
キラッ、キラッ、と
小さな妖精たちが
光る粉とともに現れる

何やら話ししてると思ったら
みんなでじいさんをつまみ上げて
空の散歩へ

夜空の散歩。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。