時空・パラレル(文訂正しました)

昨日、ちえちゃんの結婚式の前に2人の友人とお茶した。

テーブルを囲んで私の前にひろちゃん、隣にしほりんが座った。


話し始めてナンかおかしい。

気持ち悪くなる。


目が回るような体が半分ずつ分離しているような。

なんだこりゃ!思い浮かべるのは、らせんのチューブ。


そうだ。違う時空間が同時にある。

ひろちゃんとの時空としほりんとの時空が違う。


この現実の中でそんなことがあるのだろうか?

私は頭からクリスタルを差し込んでグランディングした。


ひろちゃんもきっとおかしくなっていたと思う。


このひろちゃんとしほりんは何処かの世界で関係があった。

レムリアかハワイか。


初めてひろちゃんに会った時、しほりんに似ている感じがした。

Skypeでは話したがこの日二人は初めて顔を合わせた。


お互いに似ていると感じたそうだ。

レムリア・ハワイ・現実・・いや私は3人が魔女だった時に一緒だったと思った。


たくさんのパラレルに生きている私たち。

「今ここ」に存在してると思っている時空。


普段どんだけ瞬間的にパラレルを移動しているのだろう。

違うパラレルを目の前にして、錯覚を起こしたのだろうか。

子供の頃ブランコをこぎ過ぎて気持ち悪くなったのを思い出した。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私たぶん一人でこれやってる(笑)

No title

やっぱり?さすがだ!v-17