ふわふわと浮かぶ膜

きのう、さっちゃんが、

御岩神社に行った話をしていて。

そこは異次元のポーター
向井千秋さんが宇宙から
光の柱が見えたという場所なのだそう。

透視すると・・・

神社の敷地内にはふわふわと膜が浮かんでいる

うすーい、膜の断片なのかなあ、四方八方にふわふわと。
半透明の薄い膜

ふーん。なんだかおもしろいなあ
これって、多数のパラレルワールドを表してるのかなって瞬時に感じた。

さっき
ふとテレビを見ると(教育テレビの、おじゃるまる)
膜がいっぱいの不思議空間の世界で、なんですかここは!
って言ってるクラス委員長の子が(笑)
聞かれた女の子は、私にもわかりませんって(笑)

おお!ちょうどこんなかんじ!
昨日の映像そのままだなーって
とってもワクワクしたのでした。


おしまい♪(*^▽^*)





コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんだよ。ここはパラレルリアリティの入り口なの。行きたい世界をイメージして貰う場所を見つけたの。観念をそぎ落とすと違う世界だよ。白い龍の黒い剣があるんだよ。

No title

象徴的なところなんだね、きっと

きっとそれってどこにいても可能だよね

ただそこの場には触媒的な集中した力があるんだろうね~☆

No title

どこにいても可能!
ほんとにその通りだよ。
わたしの剣、常備携帯(笑)