耳の奥に

耳に意識を向けると
ブルーのドレスを着た、
ちっちゃい妖精ちゃん登場。
この前も出てきた子だ。

土に穴があいていて
身振りで、ここ覗いて~入ろ~という。

入ってみると、耳の中

金色に輝く財宝が壁いっぱい足元いっぱいなんだけど
それを気にせずその奥へ奥へと
シャベルでガンガン掘っていってる人がいる

奥に何かあるのを知っているらしい
ついていくと暗いスペース。
さらに暗い四角い入口二つ横に並んでいる。

奥に入るとそこにあったのは
昼下がりの広~い茶室かお堂?
中は外の光が届きつつも
日陰の薄暗さと涼しさが心地いい

わびさび、そして静寂の中
木々の枝葉にふれる風の音

壁の一面は、完全に外に開いていて、額縁のよう
自然の景色が芸術的で美しく
一枚の大きな絵画のようだ

茶を点てる着物姿の女性と
凛としつつもくつろぐ女性

お点前を頂いたであろうあと、(その場面は出てこなかったので)
縁側に座り、じっと全身で耳を傾け、
今この時を味わっている
静けさの中に、ひぐらしの声が聞こえる


というビジョンが。


金色のきらびやかな財宝たちは
いろんな金言や名言とか
一般的に価値があり派手さのあるものたちの象徴らしい

それに目もくれずに奥へ奥へと突き進むのは
自分にとってもっと価値のある
大切なものがほかにあると知っているから


静寂、くつろぎ、自然に心を傾ける、芸術、集中する、もてなしの心
心で向き合う、今この瞬間に五感を開く、ただ今ここを味わう・・・
本質のわたしの心が本当に求めているもの。。


耳いたいなー、なに伝えたいの?
と聴いたら、これ。

ほんとは必要としていない情報の耳垢が
たまってたってことかな。www
美しいし、目を引くから、
つい溜め込んでたのかもしれないね。

朝テレビつけたら、スイちゃんたちが宝探しして、見つけた場面だった。(NHK子供番組w)


宝物は、その人それぞれ。
自分だけの深い喜びの世界観がある
心地のいい場所、在り方、
それ、大事にしようよ、楽しもうよってことだね。



いや~わたし、意外と日本の女子じゃん(笑)(好みが、ですw)
痛みは消えた。

と思ったんだけど
反対側の耳も聴いて欲しいことがあるらしい(笑)



asa*





コメントの投稿

非公開コメント