スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心をオープンに

「心をオープンに」

というのが降ってきた^^

オープンに♪って改めて思い巡らせてみると

体の中心から きいろい光 が、パーっと放たれる


ふだんから、いろんなことをがまんしている人は多いかもしれない

でも、ほんとに、がまん、なのかな。

それが本当は好きで選択しているのを忘れていないかな

本当はこうしたいと願ってる小さな自分がいるのを 見てみてね


その思いは、昔そう思ったから無意識に今も好きだと信じてて、

きづかない間に 時と共に変化してることかもしれないし

どこか自分にとっての重要な部分で都合が良かったのかもしれない


本当は自分はこれが好きなんだけど、

人を見て、隣の芝生が青く見えて

自分の好みよりも、パッと見や世間の評価の方が素敵に見えているだけかもしれない


でも、本当の自分の好みは?大好きで心地いいのは?一番は?

大切なのは 今ここわたし。

自分の心に聴くしかないんだよね。

だれが、えーーーってそんなのいいっけ?とか

なんやかんや言ったとしても

自分はこれが好き!という 素直な思いにオープンになる

それだけで、体の中心からぱーーーっときいろい光が放たれ

自らの輝く光に包まれる

自己信頼、確信、のエネルギーだ

言ってくれたその相手は、本当に本当に好き?ほんとにそれがいいの??覚悟はある?

そう応援してくれているだけなんだ


本当はこれまでだってずっと自由に選んでる

不自由だ、と信じることさえ自由自在に選びながら









コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんとに好きじゃないんじゃないの?

昨日息子に言われた。。

「ほんとうに好きでやりたい事なら直ぐにやるでしょ。俺なんか寝る間も惜しんでやってるよ」

はい。その通りでございます。

自分を見つめなおす機会だわ。

No title

あなたが育んだ息子は偉大だのお♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。